サガルマータ国立公園



サガルマータ国立公園

サガルマータ国立公園はネパールにある世界遺産で、世界屈指の高峰が連なるヒマラヤ山脈の中の国立公園です。サガルマータとはネパール語でエベレストを指しています。

サガルマータ国立公園では珍しい動物や植物が生息していて、動植物の宝庫としても知られています。
標高3800m、世界で最もエベレストに近いホテル、ホテル・エベレスト・ビューがあります。このホテルは東京に本社を持つ旅行会社、ヒマラヤ観光開発株式会社が所有しています。

関連記事

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

  1. 2017/09/20

    […] ヒマラヤ山脈の生物多様性のホットスポットの一部でもあり、数種類の危機に瀕した種を含む動物種の豊かな集住とともに、21の森林の型を含んでいます。このことは、遺産に対し、生物多様性の保護の傑出した重要性を与えています。ヒマラヤの名山、エベレストはネパールのサガルマータ国立公園に含まれています。 […]

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す