photo credit: Vemork museum via photopin (license)

リューカンとノトデンの産業遺産



リューカンとノトデンの産業遺産は2015年ドイツのボンで開催された第39回世界遺産委員会において新規登録が認められたノルウェーの世界文化遺産です。

リューカンとノトデンの産業遺産は、山々や滝・渓谷のあるダイナミックな景観の中に位置し、水力発電所・送電回線・工場・輸送施設・町で構成されています。

これらの施設群は、ノルスク・ハイドロ社によって、空気から窒素を固定してできる人口肥料の生産のため創設されたもので、20世紀初頭のヨーロッパ諸国における農業生産への需要拡大を背景に建設されました。

また、リューカンとノトデンの企業都市には、労働者のための宿泊施設や、人口肥料輸送のための鉄道やフェリーに関連する施設などがあります。これらは、産業遺産と自然景観の類まれな融合を示すものであり、20世紀初頭の新しいグローバル産業の事例としても特徴的です。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す