リートフェルトのシュレーダー邸



シュレーダー邸はオランダのユトレヒト市内にあり、1924年に、オランダ人建築家ヘリット・リートフェルトによって未亡人のトゥルース・シュレーダー・シュラーダーと3人の子供たちのために設計、建築された注文邸宅です。1924年に建てられたこの小さな住居は、今日にもその斬新なデザインが評価されています。

リートフェルトは、モンドリアンなどが提唱したデ・スタイル派のメンバーでした。建築のデザインとしては直線と原色、そして白と黒というエレメントによる構図が特徴となっています。また、内部には婦人の依頼により、壁を設けないようなつくりになっています。

シュレーダー夫人は、1985年に亡くなるまで、この邸宅で生活を送り、現在は解放され1時間のツアーなども行われています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す