レッドウッド国立・州立公園|アメリカ 自然遺産|世界遺産オンラインガイド

レッドウッド国立・州立公園

レッドウッド国立・州立公園

レッドウッド国立公園は、カリフォルニア州の北に位置するアメリカ合衆国の国立公園及びカリフォルニア州の州立公園です。『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』のエンドアの戦いのロケ地として使用され、有名になっています。また、レッドウッド国立・州立公園として世界遺産に登録されています。

526k㎡の広大な公園内には、セコイアの一種であるレッドウッドの巨木が集まった欝蒼とした森が広がっています。セコイアの巨木は、樹齢1000年以上、高さは100mに達するものもあり、自然の中を歩けばエルクやハゲタカなどの野生動物達にも出会える可能性もあります。

レッドウッドの巨木は、耐久性がありながら加工がしやすい良質な材木として重宝され、19世紀半ば大量に伐採されてしまいました。特にゴールドラッシュ移住者の住居用に多量の木材を必要としたことで、レッドウッドの森の面積は、ゴールドラッシュ後に激減しています。現在残っている森は、かつての20分の1の広さですが、手厚い保護のもと守られています。

この世界遺産をシェアする

 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。