ラヴェンナの初期キリスト教建築物群|イタリア 文化遺産|世界遺産オンラインガイド

ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

イタリアのラヴェンナにある「ラヴェンナの初期キリスト教建築物群」は1996年に世界文化遺産として認定されました。ラヴェンナは、イタリア・エミリア・ロマーニャ州にある都市で、古代ローマ時代から中世にかけて繁栄しました。

「ラヴェンナの初期キリスト教建築物群」は、5世紀初頭から6世紀末までに建築されたキリスト教の聖堂と礼拝堂など8つの建造物が対象となっています。

「ラヴェンナの初期キリスト教建築物群」目次・マップ

ネオン洗礼堂

ネオン洗礼堂は、大聖堂付属(正統派)洗礼堂とも呼ばれ、ラヴェンナに残る最も古い建造物のひとつ。司教ウルススと次代の司教ネオンによって、バシリカ・ウルシアーナの付属洗礼堂として建設されました。建設当初は、ローマ人の浴場として使用されたとも伝えられており、その後洗礼堂へと改築されたといわれています。

サン・ヴィターレ聖堂

サン・ヴィターレ聖堂は、ラヴェンナにある初期キリスト教建築を代表する聖堂です。殉教者聖ヴィターレに捧げられた聖堂で、6世紀前半に完成しますが、その後、ユスティニアヌス1世やベネディクト会によって改修されました。

ガッラ・プラチディア霊廟

ガッラ・プラチディア霊廟は、同じく「ラヴェンナの初期キリスト教建築物群」の構成資産のひとつサン・ヴィターレ聖堂に隣接しています。ローマ帝国最後の皇帝テオドシウスの娘ガッラ・プラチディアによって建設され、隣接するサン・ヴィターレ聖堂よりも古く5世紀半ばには完成していたといいます。ガッラ・プラチディアは、兄ホノリウス皇帝とともにラヴェンナの基礎をつくったと言われている人物です。

アリアーニ洗礼堂

photo credit: mararie battistero degli ariani via photopin (license)

アリアーニ洗礼堂は、325年に開かれたニカイア公会議(コンスタンティヌス帝自らが開いたキリスト教教義を決定する最高会議)で、異端とされたアリウス派の洗礼堂です。ネオン洗礼堂をモデルに、東ゴート王国の創始者テオドリック王によって建設。現存するアリウス派の建造物は少ないため、大変貴重な遺構となっています。

サンタポッリナーレ・ヌオーヴォ聖堂

photo credit: alh1 Slides, 1982 via photopin (license)

サンタポリナーレヌオーヴォ聖堂は、490年頃、東ゴート王国国王テオドリックの命により、アリウス派の聖堂として建設されました。しかし、ラヴェンナが東ローマ帝国に支配されると、アリウス派は異端であったため、皇帝ユスティニアヌス1世の命により、異教徒と戦った聖マルティヌスに捧げる聖堂として改修されました。

アルチヴェスコヴィーレ礼拝堂

By © José Luiz Bernardes Ribeiro / , CC BY-SA 4.0, Link

ギリシア十字型のアルチヴェスコヴィーレ礼拝堂(又は、大司教館礼拝堂)は、4世紀後半から5世紀前半に、ラヴェンナの司教ペトルス2世によって、バシリカ・ウルシアーナに隣接する司教宮殿内部に建設されました。

サン・タポッリナーレ・イン・クラッセ聖堂

サンタポリナーレ・イン・クラッセ聖堂は、549年にラヴェンナの司教マクシミアヌスによって、初期キリスト教の三廊式のバシリカ式聖堂として建設されました。建設にあたっては、銀行家ユリアヌス・アルゲンタリウスが出資したといわれており、ユリアヌスは、サン・ヴィターレ聖堂の建設にも出資した人物です。

テオドリック王廟

テオドリック王廟は、東ゴート王国の創始者テオドリックによって、520年に建設され、王の生存中に建設されました。526年にテオドリックが亡くなると、王廟に埋葬されましたが、異端者の墓であるとして遺体は取り除かれました。

この世界遺産をシェアする

 

キーワード

感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

あわせて行きたい世界遺産