ラヴェンナの初期キリスト教建築物群



イタリアのラヴェンナにあるラヴェンナの初期キリスト教建築物群は1996年に世界文化遺産として認定されました。登録対象は5世紀初めから6世紀末に建てられたキリスト教の聖堂と礼拝堂となっています。

  • ネオン洗礼堂
  • ガッラ・プラチディア霊廟
  • サン・ヴィターレ聖堂
  • アリアーニ洗礼堂
  • サン・タポッリナーレ・ヌオーヴォ聖堂
  • アルチヴェスコヴィーレ礼拝堂
  • サン・タポッリナーレ・イン・クラッセ聖堂
  • テオドリック王廟

といった8つの建造物が登録されています。東洋と西洋の建造様式が合わさったような建造物が多く、芸術的な技術も高く評価されています。

サン・ヴィターレ聖堂

世界遺産ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

©Resurrection Hope

なかでも代表的な建造物であるサン・ヴィターレ聖堂内の壁や天井にはモザイク画が描かれています。さまざまな色ガラスを用いて色の濃淡を表現し、描かれた大きな絵であるモザイク画は1500年経った今でも色褪せないまま残っています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す