クヴェートリンブルクの聖堂参事会教会、城と旧市街



クヴェートリンブルクは、最初のドイツ首都、つまり国家発祥の地です。交易都市として栄えたクヴェートリンブルクの商人や豪農たちが力をつけ、独立を求めましたが、これを規制するために当時の国王は石造りの建造物を禁止したため、木組みの立派な建物が多く建てられることとなりました。

12世紀に建造された聖セルヴァティウス修道院聖堂にはハインリヒ1世の墓地があります。息子の神聖ローマ帝国初代皇帝オットー1世は、10世紀にクヴェートリンブルク城を整備拡張し、帝国の宮殿としました。

2度の世界大戦を奇跡的に逃れ、現在でも1200軒以上の木組みの建物が残っています。中世の街並みがそのまま見られるということで、1994年に世界遺産登録されました。

ドイツでは、崩壊した家のパーツを保管し、他の全損する家の修復に利用したり、志願してきた若者に家の修復や保存の方法を学ばせるなどして、町をあげてこの歴史的な世界遺産の保存に力を入れています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す