ポレッチ歴史地区にあるエウフラシウス聖堂の司教建造物群



ポレッチ歴史地区にあるエウフラシウス聖堂の司教建造物群

クロアチアの街であるポレッチ歴史地区には、エウフラシウス聖堂と呼ばれる宗教的建造物が残されています。この建造物は、1997年にポレッチ歴史地区のエウフラシウス聖堂建築群として世界遺産に登録されました。

ポレッチの街の起源は、紀元前2世紀頃にまで遡ることができると考えられています。ポレッチの建設事業を牽引していたのは、この時代に栄華を誇っていた、かの古代ローマであったと言われています。

世界遺産に登録されたエウフラシウス聖堂の始まりは、紀元後4世紀頃に、ポレッチに造られた礼拝堂であったと考えられており、それは、この地にもキリスト教が普及したことを示しています。その後、上述した初期の礼拝堂は、6世紀に入り、現在の同聖堂の名称にもある人物エウフラシウスによって改築され、これが、現在のエウフラシウス聖堂につながっていると言われています。この聖堂は、キリスト教初期の展開を示す重要な建造物となっています。

関連記事

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す