古都ポロンナルワ

スリランカ
登録区分 世界文化遺産
登録年 1982年

クリックすると地図が表示されます。

古都ポロンナルワ

古都ポロンナルワはスリランカ文化三角地帯の一角をなす遺跡群の拠点のひとつです。インドのチョーラ王朝の侵略によってアヌラーダプラを追われたシンハラ王朝が1017年から1255年まで2番目の首都をおいた場所となっています。

ポロンナルワで一番有名な「ガル・ヴィハーラ」は、12世紀にパラークラマ・バーフ1世によって建設された4つの石像です。どの像もなだらかな線の形態や表情が美しく、世界で最も美しい彫像遺跡と現地の人にたたえられています。

ポロンナルワは現在、北中部州第二の都市で、スリランカで清潔で美しい町として知られています。また、ポロンナルワ王宮、ラター・マンダパヤ読経所、乳白色の寺院キリ・ヴィハーラなど様々な遺跡が街中に点在しています。

キーワード

 

 

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

あわせて行きたい世界遺産