シエンクワーン県ジャール平原の巨大石壺遺跡群

ラオス
登録区分 世界文化遺産
登録年 2019年

クリックすると地図が表示されます。

シエンクワーン県ジャール平原の巨大石壺遺跡群

2019年アゼルバイジャンの首都バクーで開催された第43回世界遺産委員会において、ララオの「シエンクワーン県ジャール平原の巨大石壺遺跡群 」が世界文化遺産として登録されました。

「シエンクワーン県ジャール平原の巨大石壺遺跡群 」の登録により、ラオスの世界遺産は3件になりました。

ラオス中部のシエンクワーン県にあるジャール平原には巨大な石壺が散らばって埋められています。ジャールとは、壺を意味するフランス語に由来します。

関連ツイート

キーワード

 

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

あわせて行きたい世界遺産