ピエモンテの葡萄畑の景観:ランゲ・ロエロ・モンフェッラート



世界遺産 ピエモンテの葡萄畑の景観:ランゲ・ロエロ・モンフェッラート

2014年に世界遺産の仲間入りをした、ピエモンテの葡萄畑の景観:ランゲ・ロエロ・モンフェッラートは、ワイン好きならおなじみのバローロやバルバレスコといった赤ワインの生産地を含む、イタリア・ピエモンテ州南部のランゲ・ロエロ・モンフェッラート地域の美しい葡萄畑の景観です。

美しい自然景観、ワイン文化史、そしてイタリアが誇るワインを楽しめるグルメツアー向けの世界遺産となっております。
以下のすばらしい景観が広がるワイン産地5地区と、葡萄栽培の発展においても、またイタリア史でも重要な場所であるグリンザーネ・カヴール城が含まれています。

  • バローロ村のあるランガ地区
  • バルバレスコ村の丘陵地
  • ニッツァ・モンフェッラートとバルベーラ
  • カネッリ村と アスティ・スプマンテ
  • インフェルノットのモンフェッラート
  • グリンザーネ・カヴール城

このエリア全体は、北はポー河、南はリグリア・アルプスの中間地域であるピエモンテ州の南部に位置し、何世紀にも渡りこの地域を特徴付けてきた葡萄栽培とワインづくりに関する、技術的、経済的プロセス全般が包括されています。

ピエモンテがエトルリア人とケルト人の交流・交易地だった紀元前5 世紀頃に遡る、ぶどうの木の花粉がこのエリアで発見されており、古代ローマ帝国時代には、学者で軍人の大プリニウスが、ピエモンテ地域は古代のイタリア半島で最も葡萄
栽培に適した地のひとつであると述べており、地理学者で歴史家のストラボンもこの地域の樽について述べていま
した。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す