ペトラ遺跡



ペトラ遺跡はヨルダンにある世界遺産で、ペトラとは、ギリシャ語で『崖』を意味しています。2000年以上前にこの地に定住したアラブ人の一族ナバテア人は、切り立つ岩壁を削り、大都市を建てました。

ペトラはかつて、商業や交通の要地として栄え、古代東方文化とヘレニズム文化との融合が見られる建造物や彫刻が多くあります。また、何の目的で作られたかもはっきりしないものが多く、謎に満ち溢れています。

ペトラ内への電動車両の乗り入れは禁止されています。そのため、乗り物を利用する場には馬か馬車に乗ることになります。

このペトラ遺跡は、中東三大遺跡と呼ばれると同時に中東の3P遺跡とも呼ばれています。

シーク

シーク|ペトラ遺跡 (1)

ぺトラ遺跡の中心部へと導く峡谷(シーク)は、幅2m、長さ1.5kmあります。両側の絶壁は90~180mの高さで、地質断層が見られます。

▲目次に戻る

エル・ハズネ(宝物殿)

エル・ハズネ(宝物殿)|ペトラ遺跡 (1)エル・ハズネとはアラビア語で「宝物殿」を意味します。ここは、映画「インディ・ジョーンズ最後の聖戦」の撮影が行われた場所です。

▲目次に戻る

エド・ディル

エド・ディル|ペトラ遺跡 (1)エド・ディルは標高1,000mに位置し、900段以上の階段を登り切ったところに現れる姿は圧巻です。

▲目次に戻る

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す