ペタヤヴェシの古い教会



ペタヤヴェシの古い教会

フィンランドには、多数の木造教会が残されていると言われています。その木造教会群の中でも、とりわけ保存状態が良いとされているのが、ペタヤヴェシにある教会です。ペタヤヴェシの町に残る、この木造教会は、1994年にペタヤヴェシの古い教会として、世界遺産に登録されました。

この教会は、18世紀の中ごろに建造された宗教施設が起源となっており、その後、19世紀になって、さらに手が加えられたと言われています。その後、19世紀末には、別の木造教会が設置されましたが、20世紀に入って、この教会は、その価値を再度評価されたと言われています。

この木造教会の建築には、「校倉造」や「寄棟造」などが用いられており、聖堂内部の構造には、「ギリシア十字形」が採用されていると言われています。また、聖堂の内部に設置された「説教壇」には、聖人や天使を象った像が残されています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す