ペルセポリス



ペルセポリスとは、アケメネス朝ペルシア帝国時代の紀元前518年、ダレイオス1世によって建設された約450mx300mの長方形の基盤の上に築かれた神殿跡のことです。ペルセポリスはギリシア語で、「ペルシアの都市」という意味で、西アジアの3P遺跡の一つとして知られています。

ペルセポリスには、石像やレリーフが多く残っており、当時の様子を物語っています。ペルセポリスを陥落させたアレクサンドロス大王は、その財宝を運び出さすために、1万頭のロバと5千頭のラクダを使ったと言われています。

ホマ

ホマ

宮殿、王座殿、謁見殿、宝物庫、ハレムなどが配置されていて、門を入ると、幸福を意味する伝説の鳥ホマや、牝牛の像などが並んでいます。

翼を持った牡牛の身体に人間の頭がついた有翼人頭像は、偶像崇拝を禁止するイスラム教徒によって頭が落とされています。

謁見の間は一段高い基壇にあり、レリーフが彫られた壁に囲まれています。レリーフには諸外国からの貢物が克明に彫られ、当時の王の権力が広範囲に及んでいたことを示しています。王座殿には100本の柱が立っていたと言われていますが、今は残っていません。周囲に居住跡がないことから、ペルセポリスはアケメネス朝の首都ではなく、諸王を迎える場として使われていたのではないかと、考えられています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す