パラチーとイーリャグランジの文化と生物多様性

パラチーとイーリャグランジの文化と生物多様性

2019年アゼルバイジャンの首都バクーで開催された第43回世界遺産委員会において、ブラジルの「パラチーとイーリャグランジの文化と生物多様性 」が世界複合遺産として登録されました。

「パラチーとイーリャグランジの文化と生物多様性 」はブラジルで初めての複合遺産になります。

ブラジルのパラチーは18世紀にヨーロッパに黄金を運び出すための港として栄えた港町で、イーリャグランジは大自然が残る島です。ポルトガル語で大きな島を意味します。

関連ツイート

https://twitter.com/UNESCO/status/1147165247159066624

キーワード

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

あわせて行きたい世界遺産