パラマリボ市街歴史地区

パラマリボ市街歴史地区

「パラマリボ市街歴史地区」は南米のスリナムにある世界遺産です。パラマリボはスリナムの首都で、パラマリボ市街歴史地区は、パラマリボの中心部にある旧市街です。

パラマリボは1630年にイギリス人が入植し、1650年にイギリス植民地の首都になった後は、1975年の独立までオランダが領有することになりました。

そのため、中南米に多く残るスペイン・ポルトガルの旧植民都市と違い、例外的にオランダの様式とクリオーリョの様式が融合した独特の都市景観が残されています。

この世界遺産をシェアする

 

キーワード

感想・コメント

  1. より:

    分かりやすかったです。

メールアドレスが公開されることはありません。

あわせて行きたい世界遺産