©Go, See, Write

パルミラの遺跡



パルミラの遺跡

世界で最も美しい廃墟の一つと言われるパルミラ遺跡は、シリアにある世界遺産で、ローマ帝国支配時の都市遺跡です。パルミラはナツメヤシの緑に包まれ、その名前もギリシャ語でナツメヤシを意味する「パルマ」からとられたと言われています。

パルミラの歴史

古代ローマ時代、シルクロードを行き交う隊商にとって、難関の一つとされて いた土地がシリア砂漠でした。広大なこ の砂漠を通過するには、ラクダの足で40日かかったと言われます。しかし隊商たちは、この砂漠の中央にオアシスがあるのを知っていました。メソポタミアと地中海を最短で結ぶ交易路にあるパルミラが、隊商都市として繁栄したのは紀元前1~後3世紀のこと。前64年にこの地を属州としたローマも自治権 を与えるなどして庇護し、街にはローマ様式の建物が数多く建設されました。

しかし一人の女性が、ローマ帝国との友好関係に終止符を打つことになります。パルミラ王オダエナトゥスが暗殺された267年、 実権を握ったその妻であり、クレオパトラの末裔を自称するゼノビア女王は、皇帝のような威厳と気品に満ち、類い希な美貌を誇りました。ローマ帝国からの自立を目指した女王は、実権を握ってからわずか5年ほどで、周辺諸国を支配下に治めました。

これに対して272年、時のローマ皇帝アウレリアヌスは、討伐軍を率いて出兵し、パルミラを包囲したアウレリアヌスは初め投降を勧めましたが、ゼノビアは応じません。そしてゼノビアはローマ帝国と真っ向から対決し、激しい攻防を繰り広げました。 しかし強大なローマ軍の前に、力尽き、 2年後、捕虜としてローマに連行されてしまいました。パルミラはこの戦いで徹底的に破壊されました。のちに再建されますが、ゼノビアのいない街に栄華は戻らず、これ以降、歴史の表舞台から姿を消すことになります。

▲目次に戻る

ベル神殿

photo credit: via photopin (license)

photo credit: via photopin (license)

ナツメヤシの林を背にしたパルミラの街は、城壁で囲まれた部分が約10km²。最大の建造物は、街の南東奥に建つベル神殿です。ここに祀られたベルとは「主」 を意味し、古代シリアでは土地に肥汰を もたらす最高神とされていました。

32年に奉献されたベル神殿は、ギリシア風の建物で、210m×205mのほぼ正方形をなし、400本近いコリント式円柱に囲まれていました。その中央に神像安置所を内包する本殿が建ちます。本殿が現在もほぼ原型をとどめているのは、あまりの荘厳な作まいに、ローマ軍が破壊するのを躊躇したためといわれています。

▲目次に戻る

世界でもっとも夕陽が美しいパルミラ遺跡

パルミラの遺跡は『世界でもっとも夕陽が美しい』とも言われており、夕陽に染まった遺跡のあまりの美しさに砂漠を行きかうシルクロードの商人たちは「バラの街」という愛称で呼びました。

このパルミラ遺跡は、中東三大遺跡と呼ばれると同時に中東の3P遺跡とも呼ばれています。

▲目次に戻る

ISに破壊されたバールシャミン神殿

このバールシャミン神殿は2015年8月23日、イスラム過激派組織「イスラム国(Islamic State、IS)」によって爆破されました。

▲目次に戻る

関連記事

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

  1. 2016/06/02

    […] パルミラの遺跡|シリア 文化遺産|世界遺産オンラインガイド […]

  2. 2017/08/22

    […] 世界遺産オンラインガイド「パルミラの遺跡」 […]

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す