パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)



パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)

パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)は、イタリアのヴェネツィアの西42kmに位置しているパドヴァにある世界最古の植物園で、1545年に造られました。当時の配置を守りつつ、入口や欄干等の装飾や実用的施設も後世に加えられました。

当初の目的通り、学術的研究所として今も存在し続け、植物、医学、薬学、環境学などの近代学問の発展にも寄与しています。パドヴァには1222年に創立し、イタリアで2番目に古いパドヴァ大学もあり、学術都市としての一面も持っています。

パドヴァ大学は、ガリレオやダンテ、ペトラルカが教鞭を取り、コペルニクスが学んだことでも有名です。植物園は、植物学者フェデリコ・ボナフェーデが構想し、建築家のアンドレア・モロニに設計され、ジュスティーナ修道院の一部を植物園することではじまっています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す