パドレ・テンブレケ水道橋の水利システム



パドレ・テンブレケ水道橋の水利システムは2015年ドイツのボンで開催された第39回世界遺産委員会において新規登録が認められたメキシコの世界文化遺産です。

パドレ・テンブレケ水道橋の水利システムは、16世紀に建造された、メキシコ中央高原のメキシコ州・イダルゴ州の間に位置する水道橋と水利システムのことです。

この歴史的水利システムは、採水地域・湧き水・水路・貯水タンク・アーケード状の水道橋で構成されており、その水道橋は、アーチが1段になっているものとしてもっとも高いものとなっています。

1554年から1571年に建造された水道橋の名称はフランシスコ会修道士のフランシスコ・デ・テンブレケに由来しており、この土地の先住民の人々の協力により建設されたもので、古代ローマ以来の蓄積があった欧州の水利技術をメソアメリカの文化と融合させた優れた例として評価されています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す