オビエドとアストゥリアス王国の建造物群

オビエドとアストゥリアス王国の建造物群

オビエドとアストゥリアス王国の建造物群はスペインにある世界遺産で、オビエドは、スペイン北西部のカンタブリア山脈北麓にある街です。この街は、「スペイン王国の原点」といわれています。

8世紀、キリスト勢力は、その地を支配していたイスラム勢力を排除し、オビエトにアストゥリアス王国を建国しました。
アストゥリアス王国の時代、キリスト教信仰のため、後のロマネスク建築の先駆けとなる聖堂や修道院などが数多く建設されました。
これらの建造物のうち、

  • サン・ミーゲル・デ・リーリョ聖堂
  • サンタ・マリア・デル・ナランコ聖堂
  • サンタ・クリスティーナ・デ・レーナ聖堂

が1985年、世界遺産として登録されました。

その後、1998年には、

  • カマラ・サンタ・デ・オビエド
  • サン・フリアン・デ・ロス・プラドス教会
  • フォンカラダの泉

が追加されました。

8世紀にはじまった、キリスト教勢力がイスラム勢力に対して領土を取り返そうとする運動はレコンキスタと呼ばれています。オビエトはレコンキスタの歴史とともに歩んできたのです。

この世界遺産をシェアする

 

キーワード

感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

あわせて行きたい世界遺産