オランジュのローマ劇場とその周辺及び「凱旋門」



オランジュのローマ劇場とその周辺及び「凱旋門」は、フランス南東部ヴォクリューズ県の町オランジュにある、1世紀ころにアウグストゥス帝の治世下で建造されたローマ劇場と、紀元前20年ころに建設された凱旋門からなる世界遺産です。

オランジュのローマ劇場

古代劇場と呼ばれるローマ劇場はヨーロッパに数か所残っていますが、オランジェのローマ劇場は他の遺跡に比べて保存状態が良いことで知られており、巨石を積み上げた背後の石壁は約2000年前の建設当時のまま、現在でも優美な姿を見ることができます。

このローマ劇場は8000~10000人もの観客を収容することが可能で、毎年夏に開催されるオペラ&音楽フェスティバル「コレジー・ドランジュ(Chorégies d’Orange)」では、古代の音響効果や観客席の構造の素晴らしさを実感することができます。

オランジェの凱旋門

リヨンとアルルを結ぶかつてのアグリッパ街道に建てられたオランジェの凱旋門もまた保存状態の良い遺跡であり、ガリア人とローマ人の戦闘や戦利品などが描かれた北壁面のレリーフはローマ時代の人々の生活を研究するうえで貴重な資料となっています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す