オロモウツの聖三位一体柱



オロモウツの聖三位一体柱

オロモウツの聖三位一体柱は、チェコのモラヴィア地方オロモウツにあるバロック様式のモニュメントで、2000年にユネスコの世界遺産に登録されました。

高さは35メートル、最上部には銅に金めっきをほどこした三位一体の像、その下には聖母の被昇天の像、その他聖人像やレリーフなどで飾られ、最下層には礼拝堂があります。

三十年戦争が終結し、スウェーデンによる占領状態が解かれて再建されたオロモウツには、聖三位一体柱をはじめとしたバロック建築の建造物群が作られましたが、聖三位一体柱は1716年、石工ヴァーツラフ・レンダーの指揮および出資によって建設が始められたもので、レンダーの没後も職人たちが引き継いで1754年に完成しました。

献堂式にはマリア・テレジアとその夫の神聖ローマ皇帝フランツ1世が臨席しています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す