オカバンゴ・デルタ



オカバンゴ・デルタ

オカバンゴ・デルタはアフリカ南部のボツワナに広がる湿地で、2014年に世界遺産に登録されました。乾燥したカラハリ砂漠にオカバンゴ川が流れ込み、世界最大の内陸デルタを形成しています。野生動物にとって貴重な水場となっており、一部がモレミ動物保護区に指定されています。

この地区にはバイェイ人やツワナ人などが住んでいるものの、冬季の洪水により居住は難しく、農地開発などは進みませんでしたが、それが、貴重な自然を残すことにつながりました。
オカバンゴ・デルタは記念すべき1000個目の世界遺産となりました。

関連記事

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す