オフリド地域の自然・文化遺産

「オフリド地域の自然・文化遺産」はマケドニアにある世界複合遺産ですが、もともとは、1979年に自然遺産として登録され、翌年、ヨーロッパでは初めてとなる複合遺産として拡大登録された経歴があります。

この地域には3世紀末にキリスト教が伝わり、後にスラブ人の宗教文化都市となりました。

オフリドの自然遺産(オフリド湖)

オフリドの自然遺産は主にオフリド湖を指します。500万年前に誕生したオフリド湖は、透明度が高く美しい、ヨーロッパ最古の湖として知られています。マケドニアとアルバニアの境にあります。

オフリドの文化遺産

オフリドの歴史は古く、ヨーロッパでも最古の人類の定住地の一つと見なされています。11世紀初頭には聖ソフィア聖堂が建造され、『キリストの昇天』などのフレスコ画が描かれました。13世紀には、聖クリメント聖堂など300もの教会が存在したといわれています。

オフリドの文化遺産の観光スポット

聖ソフィア聖堂

photo credit: ♔ Georgie R St Sophia’s Church via photopin (license)
photo credit: D-Stanley Saint Sophia Cathedral via photopin (license)

聖ナウム修道院

photo credit: CharlieOnTravel Lake Ohrid, Macedonia via photopin (license)

聖ヨハネ・カネヨ教会

photo credit: miketnorton Church of St. John at Kaneo, Lake Ohrid via photopin (license)

キーワード

 

 

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

あわせて行きたい世界遺産