ノエル・ケンプ・メルカード国立公園|ボリビア 自然遺産|世界遺産オンラインガイド

ノエル・ケンプ・メルカード国立公園

ノエル・ケンプ・メルカード国立公園

ノエル・ケンプ・メルカード国立公園は、南米ボリビア北東部にある国立公園で、2000年に世界遺産に登録されました。先カンブリア期にさかのぼった生物進化の歴史を確認できるきわめて貴重なもので、海抜200mから750m近い標高差のため、セラード、サバンナ、湿地から常緑樹林帯まで、豊富な動植物の生息が見られます。植物が2700種、鳥類が620種確認されています。

ノエル・ケンプ・メルカード国立公園は、北からはアマゾンの、南からは亜熱帯の灌木林の、東からはブラジルにもかかるセラドの、西からは「チキターノ森林」と呼ばれる森林の、それぞれの影響が集まる地域でもあります。

この世界遺産をシェアする

 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。