ニンバ山厳正自然保護区



ニンバ山厳正自然保護区

ニンバ山厳正自然保護区は、アフリカのギニアとコートジボワールにまたがる世界遺産で、西アフリカ最高峰のニンバ山(標高1752m)を中心とした総面積350km2の自然保護区です。ニンバ山中にはチンパンジーの生息地があり、京都大学霊長類研究所がその行動や生態の調査・研究を行っていることでも知られています。ニンバ山には鉄鉱石の鉱脈があり、リベリア側から採掘のための開発が行われ、またリベリアからの難民がこの領域に多数流入して、自然環境に深刻な影響を与えていることから、1992年に危機遺産リストに登録されました。

関連記事

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す