ンゴロンゴロ保全地域



ンゴロンゴロ保全地域

ンゴロンゴロ保全地域は、アフリカ・タンザニアの北部にある自然保護地域で、1979年、世界自然遺産に登録されました。その後、古人類学における重要な地として2010年に追加登録された結果、世界複合遺産になりました。

ンゴロンゴロ保全地域はアルーシャの西約180キロメートルに位置し、セレンゲティ国立公園と隣接しています。また、ンゴロンゴロ・オルモティ・エンパカーイという3つのクレーターが並び、これら活動を停止したものも含め9つの火山が分布しています。

ンゴロンゴロクレーターは数百万年前に出来た火山のカルデラに広がる平野を指す火山のカルデラに広がる草原で、外輪は南北16キロメートル、東西19キロメートル。湖や沼・森林など、多彩な自然環境に恵まれており、多種多様な動物が生息しています。また、ホモハビリスの化石や直立二足歩行をする原人の足跡の化石などが発見されたオルドバイ遺跡もあります。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す