ニュージーランドの亜南極諸島



ニュージーランドの亜南極諸島

ニュージーランドの亜南極諸島は、ニュージーランドの南200キロのところで、生物の種類が豊富で非常に密であると言われています。この亜南極諸島は、

  • スネアーズ諸島
  • アンティポデス諸島
  • オークランド諸島
  • バウンティ諸島
  • キャンベル島

の4つの諸島と1つの島から構成されています。1998年に世界遺産に登録されました。

この地域は、南緯40度付近にあり、南極からの寒流と太平洋からの暖流がぶつかりあい、天候の安定しない場所であるため、別名『吠える40度』とも言われています。

亜南極諸島には、多くの貴重な昆虫、鳥類、植物などが生息していて、現在確認されている鳥類は約120種、海鳥は40種に及びます。スネアーズ諸島の近海では、寒流と暖流が衝突して大量のプランクトンが発生し、それを食べる魚たちが集まってくるため、鳥たちにとっては絶好の繁殖地となっています。生態系を維持するため、この地域の立ち入りは厳しく制限されています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す