カールスクルーナの軍港



カールスクルーナの軍港

カールスクルーナの軍港はスウェーデンのブレーキンゲ地方にある世界遺産です。1998年に世界文化遺産として認定されました。カールスクルーナはブレーキンゲ県の県庁所在地でもあり、スウェーデン海軍の軍事基地と海港があります。ブレーキンゲ地方は、1658年にスウェーデン領となり、1680年に計画的に都市が建設されました。

カールスクルーナの建築物は、17世紀から18世紀初頭に建設され、現存しています。軍港の建設も都市と時を同じく始まり、海軍の再建はカールスクルーナから始まり、1711年、カールスクルーナの造船所には1,100人が働き、スウェーデンで最大の産業集散地となりました。

カールスクルーナの軍港にある最古のドックは断崖を切り開いて開設されたものですが、現在でも使用されています。カールスクルーナ港の全面は多数の群島があり、自然の要塞になっています。

300年間もの間、どの国からも攻撃を受けなかったとされ、当時建てられた貴重な建造物が今もなお完全な状態で残されています。

中央の広場にはスウェーデン人のために建てられた教会と、ドイツ商人のために建てられた教会の2つがあります。街には軍人だけでなく、ドイツ商人などのさまざまな人々が住み着き、街の発展に貢献していました。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す