ミケーネとティリンスの考古遺跡群

ミケーネとティリンスの考古遺跡群はギリシャにある2つの世界文化遺産です。

ミケーネの遺跡

世界遺産 ミケーネとティリンスの考古遺跡群

©WCRPF

ミケーネはペロポネソス半島東部に位置する都市で、古代ギリシャ以前の文明が発見されました。地名をとってこの文明はミケーネ文明と呼ばれています。獅子門、円形墳墓A、王室、アトレウスの墳墓があり、そのいずれも巨大な切り石を用いた建築様式になっています。

ティリンスの遺跡

世界遺産 ミケーネとティリンスの考古遺跡群2

©Greece.com

ティリンスは英雄ヘラクレスの誕生地とも言われ、同じくギリシャのペロポネソス半島アルゴリス県にあるミケーネ文明の遺跡です。ティリンス宮殿が有名で宮殿の中央には屋根を支える4つのミノス様式の木の柱と、その柱に囲まれた炉床がありますが、ミケーネ文明後その壁はヘーラー神殿に取り込まれています。

この世界遺産をシェアする

 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す