富士山-信仰の対象と芸術の源泉



言わずと知れた日本の名山、富士山は2013年に文化遺産に登録されました。登録名称は単なる富士山ではなく、『富士山‐信仰の対象と芸術の源泉』です。富士山を含め、この世界遺産には25の資産が含まれています。富士山は日本一高い山で標高は3776mあります。

信仰の対象としての富士山

富士山は、その圧倒的な存在感から畏敬の念をおこさせ、霊峰富士として古来から多様な信仰の対象して崇拝されてきました。

芸術の源泉としての富士山

富士山 芸術の源泉 (2)富士山は、最古の和歌集である「万葉集」や日本最古の物語とされる「竹取物語」など文学の題材になりました。また、室町時代には絵画作品の対象になり、江戸時代には、文学、絵画、工芸、庭園などのモチーフとして取り上げられました。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す