モザンビーク島

モザンビーク島

モザンビーク島はアフリカのモザンビークにある世界遺産で、モザンビーク本土から 3.5km沖合いのモザンビーク海峡に浮かぶサンゴ礁の島です。

インド洋に面したモザンビーク島は航海士バスコ・ダ・ガマも訪れ、アフリカ侵略におけるポルトガルの重要な拠点となりました。

また、交易で栄え、様々な文化を吸収するようになりました。キリスト教、アラブ文化、インド文化が混在していて、文化的価値が評価されています。

この世界遺産のデータ・地図(場所)

名称モザンビーク島
モザンビーク
登録区分 世界文化遺産
登録年 1991年

キーワード

 

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

あわせて行きたい世界遺産