モスタル旧市街の古い橋の地区

モスタル旧市街の古い橋の地区

「モスタル旧市街の古い橋の地区」はボスニア・ヘルツェゴビナにある世界遺産で、その中心となる橋であるスタリ・モストは16世紀、オスマン帝国の時代につくられました。この橋は、1991年〜1995年に民族間で起きたボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中の1993年11月9日午前3時に民兵によって破壊されましたが、その後復興計画が持ち上がり2004年6月に復興工事が完了しました。

そして2005年にはボスニア・ヘルツェゴビナ初の世界遺産に登録されました。
町の若者たちには橋から川に飛び込むのが伝統になっています。川は非常に冷たく、かなり危険なので、最も上手で訓練を積んでいる潜り手だけが挑むことができます。飛び込み大会は毎年夏に開催されています。

関連記事

この世界遺産をシェアする

 

キーワード

感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

あわせて行きたい世界遺産