モンサンミッシェルとその湾



「西洋の驚異」や「海上のピラミッド」と呼ばれるモンサンミシェルは16世紀に完成したフランスで最も有名な巡礼地です。「モンサンミッシェルとその湾」という名称で世界遺産に登録されています。

モンサンミシェルは「フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」という世界遺産の一部としても登録されています。

モンサンミシェルの歴史

対岸の町アヴランシェの岸から約5km、砂丘にそびえる円錐型の花崗岩の「山」にモンサンミシェルはあります。かつては干満の差が激しく、満潮時には周囲900mの山は海に囲まれ、人が近づくことを拒みました。中世の巡礼は困難な旅だったのです。

伝説によれば、アヴランシェの司教であったオベールの夢に、大天使ミカエル(仏語でサンミシェル)が現れたのは708年。ミカエルは「かの岩山に聖堂を建てよ」と命じました。それでもオベールは信じず、行動に移しませんでした。3度目に現れた時、ミカエルは彼の額に触れ、さらに強く命じました。その感触でやっと天使の存在を信じた司教は、小聖堂を建てました。

すると、陸続きだったモンサンミシェルが一夜にして海に沈み、孤島になったと言われています。その時から、ここは聖地とされました。大造営が始まったのはそれより250年以上たった966年、ノルマンディー公リチャード1世の命で、ベネディクト会の修道院が置かれたのがきっかけでした。以後、修道院と聖堂は建築と崩壊を繰り返し、上へと伸びていったのでした。

ところが14世紀、英仏が100年戦争に突入すると、修道院は閉鎖され、城塞として利用されることになります。しかし、幸いにも、干満の差と潮流の激しさが敵の侵入を阻止し、戦火に見舞われることはありませんでした。満潮時に舟が近づいても、干潮になれば、広大な砂州の中に敵は取り残されるのです。

こうして一度も陥落されることなく戦時を乗り越えました。16世紀には修道院として復活しましたが、18世紀のフランス革命後は、監獄に転用され、1863年ナポレオン3世の勅命で閉鎖されるまで、『海のバスティーユ』と恐れられました。修道士が戻ったのは、約200年後の1966年のことでした。

▲目次に戻る

モンサンミシェル ガイド

モン・サン=ミシェル フランスの世界遺産陸から堤防づたいに、島に渡れるようになったのは1879年。現在は年間300万人近い人々がここを訪れます。中には巡礼者もいますが、多くは観光客です。

前哨門

photo credit: CIMG0590 via photopin (license)

photo credit: CIMG0590 via photopin (license)

彼らはまず、100年戦争の名残を留める堅固な城壁を仰ぎ見て、唯一の入り口「前哨門」(写真左下)をくぐります。

▲目次に戻る

王の門

photo credit: CIMG0598 via photopin (license)

photo credit: CIMG0598 via photopin (license)

前哨門をくぐり抜けた後、「王の門」を抜けます。門の周辺は城塞だった時代の面影が残る一角です。

▲目次に戻る

 モンサンミシェル大通り(グランド・リュ)

王の門を過ぎると修道院までの大通り、グランド・リュが現れます。大通りとは言いますが、曲がりくねった細い道です。

両側には19世紀前半以降に建てられた土産物屋やホテル、レストランが並びます。そもそも、この町の原形が造られたのは、巡礼の最盛期12~13世紀でした。参道として賑わったこの道を旗をうちたてた修道士に先導された巡礼者たちの隊列が、聖歌を歌いながら歩きました。

彼らも両側の店で巡礼の象徴である帆立貝の貝殻(平和の意)や杖(希望の意)を見たに違いありません。

モンサンミッシェルの修道院

photo credit: IMG_3819 via photopin (license)

photo credit: IMG_3819 via photopin (license)

道の勾配がきつくなると、修道院の入り口はすぐそこです。しかし、聖堂へは衛兵室を通り、修道院内にある大階段を上らなければ入れません。1374~1400年に築かれた90段の階段は、高い壁に囲まれ、頭上には侵入者を狙い撃ちするために仕掛けられた橋がかかっています。モンサンミッシェルというと、その外観が有名ですが、修道院内部にも見どころがたくさんあります!

 ガブリエルの塔

photo credit: IMG_4501 via photopin (license)

photo credit: IMG_4501 via photopin (license)

ガブリエルの塔は、島の西の端、ファニルス倉庫の奥に位置し、城壁の一部となり海に突き出しているような形です。モンサンミッシェルが要塞であった当時は見張り塔として使われ、防衛のための大砲が置かれていたこともあるそうです。

▲目次に戻る

 サント・オべールの礼拝堂

サント・オベールの礼拝堂は、モンサンミッシェルの北西端に15世紀に建てられた礼拝堂です。708年にモンサンミッシェルに聖堂を創建した司教オベールを祀っており、屋根に聖オベールの像が設置されています。

▲目次に戻る

モンサンミシェルの名物オムレツ

モンサンミシェルには、「ラ・メール・プラール」という有名なオムレツのお店があります。モンサンミシェルを訪れた際には是非とも行ってみてください。

ラ・メール・プラールのふわふわオムレツは日本でも楽しむことができます。都内では東京駅と有楽町駅の間、東京国際フォーラム内にありますよ。

→詳細はこちら http://www.la-mere-poulard.jp/

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

  1. 匿名 より:

    モンサンミシェルの頂上。キレイな鐘の音が響いていました。上から見下ろすと、周りに何もないことが分かります。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す