モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地



モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

モンス市はベルギーのエノー州にある石灰岩地帯の町で、2000年にスピエンヌの新石器時代の火打石採掘地として世界文化遺産に登録されました。地理的にはトルイユ川とヴァンプ側の二つの川により泥土が運ばれる関係から、古くから石だらけで耕作地には結びつきませんでした。そのため地下の火打石の採掘場として発展した町でした。

採掘は紀元前4000年ころにはじまり、紀元前750年頃に終わったといわれています。採掘の井戸は深さ15mほどまで掘られ、地下採掘坑内の面積は100haにも及びますが、19世紀の発見までは長い間歴史の中に埋もれてしまっていました。

鉄道敷設中に発見になり、これはベルギーだけでなくヨーロッパ全体を通してのミヒェルスベルク文化期の遺跡発見でした。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す