モデナの大聖堂、市民の塔、グランデ広場



イタリアにあるモデナの大聖堂、市民の塔、グランデ広場は、中世イタリアの自由都市の発展の様子を伝えるとともに、中世キリスト教都市における信仰と市民生活の結びつきを伝える優れた例証として、1997年に世界遺産に登録されました。

モデナ大聖堂

世界遺産・モデナの大聖堂、市民の塔、グランデ広場

©venividivici

モデナ大聖堂は、イタリア・モデナにある大聖堂で、ヨーロッパで重要なロマネスク建築の一つに数えられます。モデナ出身の著名なテノール歌手ルチアーノ・パヴァロッティの葬儀が行われた場所としても知られています。

大聖堂建設は1099年に主任建築家ランフランコの指揮下で始められモデナの守護聖人ジェミアヌスの墓の役割がありました。聖人の遺物は今も納骨堂に残されています。ランフランコの仕事後は、大聖堂はアンセルモ・ダ・カンピオーネと「カンピオーネの職人たち」と呼ばれた後継者によって引き継がれました。

その結果、現在のファサードは当初のものとは様式を別にしています。豪華なバラ装飾の窓は13世紀になってからアンセルモによって付け加えられました。

市民の塔

世界遺産・モデナの大聖堂、市民の塔、グランデ広場2

©memoesperienze

市民の塔はギルランディーナないしギルランディーナの塔のことで、イタリアのモデナ大聖堂に隣接する鐘楼です。高さ 86.12 mの塔の上からは市の周囲を一望でき、古くからモデナの主要なランドマークになっています。大聖堂に隣接する大理石製の鐘楼が完成したのは1179年のことで、モデナ大聖堂とともにランフランコの設計でした。

グランデ広場

世界遺産・モデナの大聖堂、市民の塔、グランデ広場3

©modena today

ピアッツァ・グランデないしグランデ広場は、イタリアのモデナの歴史地区にある広場です。12世紀にモデナ大聖堂前に建造された広場で、現代的視点で見れば必ずしも「大きい」とはいえないが、中世の広場はもっと小さいのが常であったため、この名が残っています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す