ミール地方の城と関連建物群



ミール地方の城と関連建物群

ミール地方の城と関連建物群はベラルーシにある世界遺産です。その城には正方形の敷地には5つの塔があり、宮殿と東塔はルネサンス様式、それ以外はゴシック様式である。17~18世紀の戦火で破壊され、1812年に再建されましたが、その後の世界大戦でも被害を受けました。

人類の歴史上、時代を例証するものとして世界遺産に登録されました。1938年に、最後の城主となったニコライ・ミール公が亡くなり、国が管理する文化財となり、現在は博物館としても利用されています。

関連記事

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す