明・清王朝の皇帝墓群



明・清王朝の皇帝墓群

明や清は、中国の歴史において欠かすことのできない、かつて存在した王朝です。このように、中国の歴史を彩ってきた「明」、「後金」、「清」の時代に建造されてきた、歴代皇帝、皇后、妃たちが眠る各陵墓は、明・新王朝の皇帝墓群として世界遺産に認定されています。最初にこの世界遺産が登録されたのは、2000年のことで、その後、2003、2004年に新たな陵墓も加わりました。

明・新王朝の皇帝墓群が所在しているのは、「北京市」、「江蘇省」、「遼寧省」、「湖北省」、「河北省」で、各時代を代表する陵墓がそれぞれの場所に残されています。
どれも、豪華な造りとなっており、当時の建築技術を窺い知ることができます。これらの陵墓群は、かつての中国の文化や儀式などを知る上で非常に重要な建造物となっており、非常に価値の高い物となっています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す