ミグアシャ国立公園



ミグアシャ国立公園

カナダ東部にある、国立公園、ミグアシャ国立公園は、化石の宝庫として知られています。この公園は、ケベック州のガスペ半島にあります。ここでは、3億7000万年前の地層が露出して、古代の生き物の化石が豊富に採取できることで知られています。

この地層は1842年に発見され、5,000個あまりの貴重な生物の化石が発見されています。古生代のデボン紀後期の魚類の化石、貴重な骨のある4枚のヒレをもった魚類から脊椎動物への進化を示す生物の化石も良好な状態で発見されています。

デボン紀は多数の魚類が生息し、進化の著しかった時代として考えられています。デボン紀の代表的な魚類6種がミグアシャ国立公園で発見され、考古学や生物学の研究者からの注目を集めている所です。これら化石は、併設の自然歴史博物館で見ることができます。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す