photo credit: -JvL- Medina Azahara via photopin (license)

カリフ都市メディナ・アサーラ

2018年バーレーンの首都マナーマで開催された第42回世界遺産委員会において、スペインの「カリフ都市メディナ・アサーラ」が世界文化遺産として登録されました。スペインとしては47番目の世界遺産の登録です。

カリフ都市メディナ・アサーラ

photo credit: -JvL- Medina Azahara via photopin (license)

イスラム教の預言者ムハンマド(マホメット)没後の、イスラム社会の最高指導者を「カリフ」と呼びました。後ウマイヤ朝時代、そのカリフを名乗ったアブド・アッラフマーン3世が10世紀に築いた城郭都市がメディナ・アサーラ(アサーラ旧市街)です。

20世紀初頭まで長く地中に埋もれていたことから、当時の建築のさまざまな特色をよく残しており、キリスト教徒による国土回復運動(レコンキスタ)以前のイスラム都市を伝えています。

ザフラー宮殿

カリフ都市メディナ・アサーラに、王の離宮として使用されたザフラー宮殿が築かれました。その規模から、ヴェルサイユ宮殿と比べられることもあります。

この世界遺産をシェアする

 

キーワード

感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

あわせて行きたい世界遺産