ユダヤ低地の洞窟世界マレシャとベト・グヴリン



ユダヤ低地の洞窟世界 マレシャとベト・グヴリン

ユダヤ低地の洞窟世界マレシャとベト・グヴリンは2014年に新たに世界遺産の仲間入りをした、イスラエルの文化遺産です。聖書にも記載されている古都マレシャと、ローマ都市として繁栄したベト・グヴリンにある地上・地下両層に広がる遺跡が対象になっています。

人々はこれら2都市の地下に広がる白亜層から2000年以上にわたってから石灰岩切り出しており、セメントや漆喰を作る材料にしていました。その後、できあがった広大な地下空間を利用した地下都市が形成され、居住地や礼拝堂、貯水槽、墓地などが建設されました。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す