マヌー国立公園



マヌー国立公園

ペルーの世界遺産であるマヌー国立公園は、アマゾン川の源流の一つであるマヌー川の流域に広がる国立公園です。1万5328kmという広大な熱帯雨林は3つのエリアに分かれており、ジャガーやエンペラータマリンなどの絶滅危惧種の動物も多く生息しています。

その90%は一般の立ち入りが禁止されています。文化地区は地元の人々が居住し、ここでは狩猟、漁業、森林伐採が自然環境を破壊しない範囲までなら許されています。

保護地区はエコツーリズムに開かれた地区で、ジャングルの観光シーズンは4~10月にかけての乾期で7~8月には動物たちがマヌー川へ水を飲みにくる姿が観察でき、クスコからのツアー参加が一般的です。

植物種は全体で15000種を超え、1ヘクタールあたりの樹木種は250を上回る自然豊かな土地となっています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す