マナス野生生物保護区



マナス野生生物保護区

マナス国立公園は、インドのアッサム州にある国立公園で、トラやゾウの保護区であると同時にユネスコの生物圏保護区や世界遺産にもなっています。世界遺産としてはマナス野生生物保護区という名称で登録されています。

公園の名前の由来はマナス川に由来しており、その川の名前自体は蛇の神マナサーにちなんでいる。マナス川は国立公園の中心部を通っているブラマプトラ川の支流のひとつです。

マナス国立公園は、1928年10月1日に指定された面積 360 km² の鳥獣保護区が端緒であり、1951年と1955年に面積が増え、391 km² になりました。1985年12月の世界遺産登録後に、カヒタマ森林保護区、、コキラバリ森林保護区、パンバリ森林保護区が加えられて、マナス国立公園となりました。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す