マルタの巨石神殿群



マルタの巨石神殿群

マルタの巨石神殿群は、南ヨーロッパに位置し地中海に浮かぶ島国マルタ共和国内、マルタ島とゴゾ島で発見された人類最古の石造建築物です。

マルタの巨石神殿群はマルタ島内、ゴゾ島内で20世紀までに約30の巨石神殿が確認され、そのうち6神殿が世界遺産として登録されています。

建造は紀元前4500年から前2000年頃とされ、1980年にゴゾ島にあるジュガンティーヤ神殿がはじめに世界遺産に登録されました。その他の遺跡には、ハジャール・イム神殿、イムナイドラ神殿、ムナイドラ神殿、タルシーン神殿などがあります。

これらの他の遺跡は1992年に追加登録されました。ハジャール・イム神殿は、1840年、1893年に発掘された現存する神殿群の中でも保存状態が大変良く、マルタヴィーナスが発掘されています。

マルタヴィーナスは国立考古学博物館で見学可能で、石材には柔らかいグロビゲリナ石が使用されています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す