マルボルクのドイツ騎士団の城



マルボルクのドイツ騎士団の城

ポーランドの世界遺産であるマルボルクのドイツ騎士団の城は、ポーランド北部のヴィスワ川下流の畔に位置するマルボルクにあります。赤レンガで固められた堅固な城で、13世紀にドイツ騎士団が本拠地として建設したもので、中世ヨーロッパでは最大級の城郭です。

マルボルク城は、第二次世界大戦末期の1945年春に、篭城したドイツ国防軍と攻勢をかけるソ連赤軍との激しい戦闘よってほとんどが破壊されました。戦争が終結すると、ヤルタ協定によりマリーエンブルクが属していた東プロイセン南部はドイツ領からポーランド領になりまりした。

その後マルボルク城は、ポーランド市民の手で修復されましたが、現在も大聖堂は未修復で、現在でも修復作業は続けられています。ドイツ騎士団はカトリック騎士修道会として現在も存続し、約1000人の会員がいます。

関連記事

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す