マドリードのエル・エスコリアルの修道院と王室用地



マドリードと言えば、スペインの首都として知られています。そこから、北西に向かうこと、約50km程の場所に位置しているのが、「エル・エスコリアルの修道院」および「旧王宮」で、その正式名称は、「サン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアル王室修道院」と言います。

 エル・エスコリアル修道院

この修道院は、スペインが最も繁栄を極めた時代の王フェリペ2世の命によって建造された、多様な設備を備えた施設で、フェリペ2世の父であり、スペイン国王および神聖ローマ皇帝を務めたカルロス1世(カール5世)のための霊廟として建造されたものです。

また、キリスト教における聖人の一人である聖ラウレンティウスに感謝の意を捧げる目的があったとも伝えられています。現在では、カルロス1世やフェリペ2世の他にも歴代のスペイン国王が、この場所に眠っています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す