リヴィフ歴史地区



リヴィフ歴史地区

リヴィフ歴史地区は、1998年に登録、2008年に登録内容が変更されたウクライナの世界遺産で、同国西部のリヴィフ州リヴィフに位置すしています。

13世紀半ばにガリチア公ダニール・ロマノビッチによって建設され、政治、商業の中心として栄えましたが、14世紀以降ポーランド、オーストリアの支配下となり、旧ソビエト連邦に併合され、ウクライナの一部となりました。

リヴォフ歴史地区はこのような複雑な歴史を反映し、東欧の伝統様式とイタリアやドイツなどの建築様式が混在する、この町独特の建造物が建ち並びます。また、ウクライナ・カトリック教やアルメニア正教など数多くの宗派の教会がある事でも有名です。

リノック広場を中心とした旧市街には、17~18世紀の建造物が多く残されており、中世の雰囲気が漂っています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す