ルイス・バラガン邸と仕事場



ルイス・バラガン邸と仕事場

ルイス・バラガン邸と仕事場は、20世紀メキシコを代表する建築家の一人であるルイス・バラガンが、後半生を過ごした自宅兼仕事場で、2004年に、ユネスコの世界遺産に登録されました。

ルイス・バラガンは、1939年頃にメキシコシティ郊外に土地を購入し、その一部に1948年に自宅兼仕事場を建てました。フランシスコ・ラミレス将軍通りの12番地と14番地に位置し、12番地は仕事場、14番地は自宅に当たります。

それぞれの建物は結ばれているが、通りに面した入り口もそれぞれについています。コンクリート作りの三階建てで、総面積は1161 m² です。彼の建築は内部空間の使い方や庭園に特色があり、伝統とモダニズム建築を融合させたそのスタイルは、他の建築家たちにも影響を及ぼしました。

バラガンは1988年にこの邸宅で亡くなり、現在の所有権は、ハリスコ州政府とバラガン財団にあります。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す