ロペ=オカンダの生態系と残存する文化的景観

ロペ=オカンダ

ロペ=オカンダの生態系と残存する文化的景観は、アフリカのガボン初の世界遺産です。

領域のほとんどは熱帯雨林ですが、公園の北部には、1万5千年前の氷河期に中央アフリカで形成されたサバナが残存しています。

ゴリラ、マンドリル、チンパンジーなどが数多く生息している他、絶滅危惧種に指定されている哺乳類も生息しています。また、この地にはピグミー族などが居住したため、鉄器時代以前の遺跡や岩絵が保存されています。

関連記事

この世界遺産をシェアする

 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す