ル・モーンの文化的景観



ル・モーンの文化的景観

ル・モーンの文化的景観はアフリカのモーリシャスにある世界遺産です。モーリシャス南西部にある半島に、標高556mのル・モーン山がそびえたっています。この山は、18~19世紀頃に逃亡した奴隷が隠れていた場所で、彼らが洞窟などにつくった集落の文化的景観は、森林などに守られ、現在も残っています。『奴隷の自由との戦いの象徴』として評価されています。

モーリシャスで奴隷制が廃止されたときには、警官隊がル・モーンに赴き、君たちは自由になったのだと呼びかけたが、警官隊の来訪理由を誤解した奴隷たちは、飛び降りて亡くなったという悲惨な過去もあります。

関連記事

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す