ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-



2016年トルコイスタンブルで開催された第40回世界遺産委員会において、日本を含む、フランス(代表推薦国)、ドイツ、ベルギー、スイス、アルゼンチン、インドの計7か国が共同推薦した「ル・コルビュジエの建築作品―近代建築運動への顕著な貢献―」が世界文化遺産として新規登録されました。

ル・コルビュジエの建築作品―近代建築運動への顕著な貢献―

「ル・コルビュジエの建築作品―近代建築運動への顕著な貢献―」は、2009年、2011年と登録申請していましたが、いずれも登録には至らず、今回が3度目の登録申請でした。

本遺産は、現在登録されている世界遺産にはない、大陸を跨いだ遺産「トランスコンチネンタル・サイト」として注目されていた遺産です。

近代建築三大巨匠の一人「ル・コルジュジエ」

©blog.livedoor.jp

ル・コルビュジエ©blog.livedoor.jp

「ル・コルビュジエの建築作品―近代建築運動への顕著な貢献―」は、登録名からも分かるように近代建築三大巨匠の一人「ル・コルジュジエ」の建築作品群です。

ル・コルジュジエは、スイスのラ・ショー=ド=フォン(2009年「ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル、時計製造業の都市計画」として世界遺産に登録)で生まれ、フランスで活躍した建築家で、現代の建築の基礎を築いたとされる人物です。

現在では当たり前となった「ドミノ・システム」を考案したのも、ル・コルビュジエです。ドミノ・システムとは、鉄筋コンクリートの構造システムで、鉄筋コンクリートの床と床を支えるための最小限の柱、各階へ移動するための階段を要素とした建築方法です。それまで建物の床を支えていた壁を無くしたことにより、自由な平面をつくり上げることに成功しました。

構成資産

▲ロンシャン礼拝堂

今回、世界遺産として登録された物件は、全部で17件。数あるル・コルビュジエの作品の中でも傑作といわれる作品ばかりです。作品の素晴らしさは言うまでもありませんが、今回の登録では「近代建築運動への貢献」に主眼が置かれています。この作品群で近代建築の発展段階を辿るということが登録理由です。

ル・コルビュジエの作品は、合理的かつ機能的なデザインで、建築だけでなく都市計画においても大きな影響を与えたといわれています。日本の世界遺産登録物件は、東京都台東区にある国立西洋美術館本館です。ぜひ、一度足を運ばれてはいかがでしょうか?

世界遺産に登録された17件は、以下の通りです。

国立西洋美術館本館日本

国立西洋美術館本館|ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-

ラ・ロッシュ=ジャンヌレ邸(フランス

サヴォア邸と庭師小屋(フランス

 

photo credit: DSC_0305 via photopin (license)

photo credit: DSC_0305 via photopin (license)

ペサックの集合住宅(フランス

カップ・マルタンの休暇小屋(フランス

ナンジェセール・エ・コリ通りのアパート(フランス

ユニテ・ダビタシオン(マルセイユ,フランス

ロンシャン礼拝堂(フランス

ラ・トゥーレットの修道院(フランス

サン・ディエの工場(フランス

フィルミニのレクリエーション・センター(フランス

photo credit: via photopin (license)

photo credit: via photopin (license)

レマン湖畔の小さな家(スイス

イムーブル・クラルテ(スイス

ヴァイセンホフ=ジードルングの住宅群(ドイツ

ギエット邸(ベルギー

クルチェット邸(アルゼンチン

チャンディガールのキャピトル・コンプレックス(インド

チャンディーガルの高等裁判所

チャンディーガルの議事堂

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

画像を添付できます。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す